綾部の秋は、今年も雨の日が多いです。

9月下旬に順調に稲刈りは終えたものの、

乾かないので、ほとんどの稲が田んぼに飾ったままです。

収穫祭の前日に台風をやり過ごしてからというもの、

すっかりその気配が無くなったので、今年はもう大丈夫と安心しておりました。

 

ところが!

それは突然発生しました、台風21号。

 

今年は新しいアイデアを取り入れ、稲木(稲を干している支柱)が倒れないように、

さらなる補強をしていました。

台風は22日の午後から強い雨を降らせ、強い風を吹かせてきました。

 

そして日が暮れてからは…

もう初めて体験するような強い風とひっきりなしに降り続ける雨、、、

最初は稲木が倒れないか心配していたものの、

あまりにもの雨で近くを流れる川は、10分に10センチ水位が増すほどの状態になり、

避難準備を始めざるを得ない状況になりました。

もう稲木どころではなく、家の心配を考え始めるありさま。

 

布団に入っているうちに眠りに落ちていたようで、

朝6時ごろ目を覚まして家から田んぼを見ると、こんな感じ。

 

 

田んぼの面と家の面との高さの差は3メートルほどの高さがありますが、

どうもその際まで水がきていたような形跡がありました。

 

恐る恐る他の田んぼのあるところまで車で行ってみると…

これでも水はだいぶ引いてきた状態です。

最後の写真は、川の堤防に近いところですが、

あとで行ってみると、水が4メートルほど溜まっていた形跡がありました。

 

さらに田んぼに人が入れる時まで待って、稲木の復旧作業を行いました。

応援の人たちのおかげもあって、二枚の田んぼの復旧を終えました。

 

その後、最後の写真の田んぼへ行ってみると、、、

倒れた稲木に下敷きになった稲がわずかに残っている限りで、

ほとんどの稲が流されてなくなっていました。。。

 

いいのか悪いのか全く分かりませんが、

おかげで徹夜することもなく、仮処置を行うことができました。

 

完全に水に浸かってしまった稲は、

早く引き上げないと芽が出る恐れがあります。

また、今回は大丈夫でしたが、

水に浸かったまま気温が上がると、

重なっている下の方の稲は蒸れてしまって、

苦くて食べられるものではないそうです。

ですから、早急に掛け直す必要があったのでした。

 

次の週末には、もうひとつ台風が来る予報が出ています。

無事に収穫できることを祈るばかりです。。。