皆さん、こんにちは☆

ロゴファーム担当のマキコです♪

先週、天皇陛下が皇居の中にある田んぼで恒例の稲刈りなさっている姿が

記憶に新しいことと思います。

9月18日に、ロゴファーム綾部にて、【稲刈り祭】が無事に執り行うことが出来ました。

17日の夜は、綾部で避難勧告が出されて、皆さまにご心配をおかけいたしました。

おかげさまで、綾部の田んぼも大きな被害が出ることもなく、

無事に稲刈り祭を迎えることが出来ました。

当日は、天候にも恵まれ、たくさんの笑顔が溢れる会となりました。

午前中は、【稲刈り祭奉告祭】が執り行われました。

祭祀終了後、

園主である宮園さんより、【天日干し】についての説明がありました。

機械でお米を刈って乾燥させるのは、時間も手間もかからない事。

しかし、お米にも命があり、機械でその命を損なうことにより、うま味成分も失なわれてしまうこと。

手刈りして、はさ掛けすることで、手間と労力はかかりますが、

その命を丸ごと頂くこと、それが、国力を高めていくことに繋がっていくのではと。

先人たちがまだ健在であるうちに、そのやり方を引き継ぎ、次世代へ残していくことの必要を感じ、

お米づくりを始めたと言うお話がとても印象的で、皆さんの心に響いているようでした。

昼食は、宮園さんの奥様による手作りお弁当を美味しく頂きました♡

愛情一杯、栄養一杯、心もおなかも満たされました。

お野菜と雑穀だけで作られていて、お肉もお魚も使われていない【マクロビお弁当】です。

スタッフを含め参加された方々は、

大自然の中で、生き生きと笑顔が輝いていました。

前回のお田植え祭がとてもよかったので、

子供が行きたいと参加くださった親子や、

本当に来て良かったと、喜びの声をたくさん頂きました。

【ミスター鎮魂】こと、石原さんも参加して下さり、

古来からの祭祀と農業との深い関わりについて、

また、イソノミヤ社会に向けて、現代に新たなシステム体系を

構築していく必要性についてお話下さいました。

これからのロゴファームとのつながりがとても楽しみです。