前回のブログで書きましたように、今日のご飯はスベリヒユを使うことにしました。

せっかくなので、他に何かいい草はないかと探しながら帰っていますと、、、

ジャジャーン!

私の好物の、ノカンゾウが、あるではありませんか!

私の住んでいる京都府綾部市では、もう過ぎているのですが、

ここは標高600メートルぐらいあるからでしょうか、まだ終わりかけの花が咲いていました。

この花のつぼみが、ほんのり粘り気があって美味しいのです。

 

スベリヒユも少し粘り気があるので、今日の料理にはぴったり。

オレンジ色の花も料理の彩りに映えますので、取ろうかと思いましたが、

咲くピークが終わって色あせていましたので、つぼみだけ取りました。

 

本日の収穫物です。

本日のレシピは、

「夏バテ返し ネバネバつみくさうどん」です。

 

【材料】

スベリヒユ  適量

ノカンゾウのつぼみ  適量

梅干し 1/2個

うどん(乾麺) 一人前

醤油 適量

日本酒 適量

塩  適量

 

【作り方】

①スベリヒユとノカンゾウのつぼみの汚れを落とすために、軽く水洗いする。

②沸騰させたお湯に小さじ一杯ほどの塩を入れ、スベリヒユ、ノカンゾウのつぼみを茹でる(別々に)。

③茹でたスベリヒユと大さじ一杯ほどの醤油を入れ、醤油をスベリヒユに揉み込むようにして混ぜ、

醤油とともに出た水分を捨てる(醤油洗い)。

※醤油洗い…日本料理などではほうれん草を茹でる時などに用い、ほうれん草の中の余分な水分を出して、

味を深めることができます。つみくさ料理では、水分を出すことに合わせて、

素材内のアク取りといった意味合いで行うことが多いです。

 

④③のノカンゾウをザックリと刻む。

 

⑤醤油、日本酒などを使って、お好みの味のうどん出汁を作る。

 

⑥うどんを茹でる

 

⑦梅干しを刻む(ペーストにしてもいい)。

 

⑧盛り付けて完成。

 

お腹が空いていたので、出来上がりの写真を確認しなかったので、

なんか色目のわかりにくい写真になったことが残念!

 

暑さで食欲がなくなったときでも、つみくさのネバネバと梅干しの酸味で美味しく食べられました。

スベリヒユはビタミン、ミネラルを多く含むので、夏バテにも効果があるかもしれません。

望むなら、もっとノカンゾウのつぼみがたくさん欲しかったかな〜。

 

あ〜おいしかった!

ごちそうさまですm(_ _)m

 

あ、ジャガイモ料理するの、忘れた!!