お世話様です。

 

4月11日に福岡県筑紫野市にあります「奇跡の農場」と呼ばれるオーガニックパパに、

ロゴファーム代表の宮園さん・岐阜の柴田健策さんと視察してまいりましたので、ご報告いたします。

以下、宮園さんより。

 

オーガニックパパは、なみのりふねの大沢さんにご紹介いただきました。

オーガニックパパ代表の八尋さん

私が興味を持ったのは、ダウン症の子供たちや引きこもりの子供などの人たちと共に働いていることです。

「その子供たちは常にハッピーで働いており、耕運機の先に虫がいればその虫を畑の外に逃がしてやり、台風が来れば作物が心配になって大人が「危ないから」と止めても畑に飛び出していく。 そんな人たちがお世話をすると、土壌改良に 3 年かかると予想された畑が 1 年で肥沃になったりする。 また引きこもりの子供が撒いた人参は、糖度が10%も高いものが収穫される。」という話を聞いたからです。 これは人の意識が自然界に影響を与えているという実例ではないかと思い、どうしても現地の空気感を感じてみたかったのでした。

左・柴田健策さん。右・宮園さん

実際の農法は、キノコの菌床をつかった炭素循環農法と呼ばれるものを取り入れたシンプルな方法です。

キノコの菌床。50℃ほどあり、手を入れると暖かい。

しかし一年前まで耕作放棄地で貧疎だと予想された畑は、ふかふかの土になっており、生えている野草も肥沃な土壌になりつつあるものが生えていました。

そして気になっていた働いている人たちは… みなさん本当に楽しそうで、初対面の私たちも気がつけば満面の笑顔にならざるを得ませんでした。 効率的とは言い難い作業でも、心から楽しんで作業する姿がとても眩しかったです。 土壌内の微生物もきっと楽しい影響を受けているだろうなと感じました。 私たちが忘れていた原点の想いを思い出させてくれるようでした。

心から楽しんで作業する姿がとても眩しかったです。

 

その後、人参の糖度を上げるという引きこもりの人にも出会いました。話しかけても返事 はないのですが、タマネギの苗を静かですが、それは丁寧に移植していました。 代表の八尋さんは、お忙しい中でも、とても穏やかで素晴らしい笑顔をもって話していただきました。

イソノミヤというぐらいの社会は、やはり笑顔がないと豊かさは生み出されないと感じた訪問でした。(宮園)

一般の人々でも取り組みやすい、副業としての農業であったり、 社会に馴染みにくい人たちが働きやすいソーシャルファームとしての農業であったり。 代表の八尋さんの発想や視点には力みがなく、時代に沿わせてのものだなと感じました。 これからもっと取り組みやすいものに変わっていくように思います。

いくつかの農場を見せていただきましたが、どこも土や菌床の良い香りがしていましたし、 野菜は手間を考えて間引きしていないにも関わらず活き活きと大きく、自然な生命力がありました。どれも味わったことがないほど味や香りは濃く、瑞々しい舌触りでした。

特に、やはり作業される方々の純粋さには謙虚にさせられました。 八尋さんの「多分この子達は植物なんじゃないか」という言葉は、言い換えれば中今に生きているということかもしれませんし、観念がない・作為がないということかもしれません。

そして、

単に農法をロゴファームに取り入れるということだけではなく、八尋さんの「どうもものづくりは皆そうみたいで、人が関係あるようだ。土がオーガニック。水がオーガニック。 そして人がオーガニック」の言葉のように「誰が育てるのか?」が一番肝要なことで。

謙虚な気持ちでロゴファーム・ふとまにの里との同調を心がけようと思いました。

 

以上です。

有難うございました。