土壌微生物多様性・活性値について

まずこの写真をご覧ください。

なんだと思います?

土壌の銀河

これは土壌微生物のDNAを蛍光染色した写真です。

実に多様で膨大な微生物が土の中にいます。

まるで、銀河の天の川を見ているようですね。

(出展:横山和成・国立ベルゲン大学)

 

今回の土壌調査の目的

 

土壌調査の目的は、現状の土の状態を把握することと、

「五次元農法」の確立に向けてのデータ取りで、

後々、第三者に説明するにあたっても、

数字的データがあれば、より客観的に証明できるからです。

 

土の豊かさを表すもう一つの視点

 

yutakasa

 

土壌の豊かさは、

1、化学性(pH、窒素、リン酸、カリ、ミネラル、腐食など)

2、物理性(粒状、硬度、水はけ、水持ちなど)

3、生物性(微生物、小動物など)

の3つで表します。

今まで、化学性、物理性については分析してましたが、

生物性についての分析はとても難しく、また莫大な費用がかかったため、

ほとんど調べることができませんでした。

しかし今回、株式会社DGCテクノロジーさんの協力で、土壌の生物性について、

より迅速に、安価に測定する「土壌微生物多様性・活性値」という新しい技術で分析をして頂きました。

ちなみに、調査料金は3万円(税抜)でした。

 

 

前置きが長かったですが、土壌分析結果(微生物編)です。

 

DCG土壌調査結果

う〜ん、偏差値:44.1

ん?偏差値?

これじゃ、うちの息子は希望大学に受からん・・・(冗談です!)

活性値:570,892

よく分かりません。

そこで、下の目安をご覧ください。

 

スクリーンショット 2016-05-11 7.36.56

 

ということは、今現状では結論から言って、

偏差値は、平均50ですから「中の下」

活性値は、50万〜70万・・ごく平均的な土壌、通路、裸地などの範囲ですから、これも「中の下」

でも、がっかりすることはありません。

今後どこまで偏差値がアップするか楽しみです。

そのための、データ取りでもあります。

 

スクリーンショット 2016-05-11 7.37.07

 

スクリーンショット 2016-05-11 7.37.17

 

ミミズが微生物と共生しながら土を作っている!

スクリーンショット 2016-05-11 7.37.30

(資料提供:株式会社DGCテクノロジー

農業にこれから本格的に取り組もうとする方には、

是非、施業前・施業後と計測しておかれることをおすすめします。

そうすれば、何かと目安になります。

 

以下は農業アドバイザー

七沢研究所の後藤さんからのコメントです。

土壌の微生物性

・微生物の多様性が低い → 堆肥/緑肥/微生物の投入 

 ※堆肥を施肥する場合には、既に窒素成分が多いので、窒素成分の低い堆肥に限定する

 ※緑肥や植物性の堆肥が有効

とのことでした。

 

次回は、

1、化学性(pH、窒素、リン酸、カリ、ミネラル、腐食など)

について結果報告しますね。

ちょっと専門的な内容になりましたが、

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。