裂石の石の割れ目の部分、

img_8777

それはそれはたくさんのドングリが落ちていました。

img_8776

中には根を伸ばし始めているものも。

img_6458

ドングリは年内に根を出し、

来春にはドングリの殻を破って、

目を地上に出します。

ちょうど、身の部分が双葉になっています。

 

かの行基は、西暦700年頃の話ですが、

この裂石の割れ目に芽生えた萩の木で、

11面観音像を彫って奉納し雲峰寺を開山したといいます。

 

あまりにいっぱいあったので、拾ってまいてみることにしました。

30時間水につけ虫を出し、浮いたドングリは除外します。

fullsizeoutput_972

ドングリのあくも出て茶色い水となります。

img_8801

中には根が出てるものも。

img_8803

それをばら撒き、薄く土と落ち葉を被せます。

img_8807

ドングリは乾いたり、根が凍結すると育ちません。

最後に水をたっぷりかけて完了です。

img_8809

ようするに、自然と同じような環境さえつくってあげればいいということです。

今回は実験中の特別な土も混ぜて見ました。

「裂石ドングリ」来春ポットあげして、

夏に根がはってからになりますが、

希望者には土ごとお送りしますね。