ここ数日、ロゴファームに熊が出没している。

アイヌでは熊のことを「キムンカムイ」=山の神として、

動物界の最高神としている。

 

これだけ熊が来るということは、

大菩薩の山の神が呼びに来ているかと思い、

突如、大菩薩・妙見の頭にご挨拶に行くことにした。

 

妙見とは古事記に最初に登場する、

「アメノミナカヌシ」の神でもある。

全てを生み出す大元と言われている

 

朝8時過ぎに大日川峠の駐車場に車を止めて登山開始

ちなみに、私は登山は大昔に一度だけ連れて行ってもらっただけです。

img_0428。。

駐車場脇にある「ロッジ長兵衛」を出発

途中いくつかの山荘がある。

25分も歩くと最初の山荘

福ちゃん山荘

img_8539

これは富士見山荘

img_5958

今は使われていないようだ。

img_5957

うん、確かに富士山が見える。

img_8541

道はなだらかで、ハイキング気分。

1時間15分ほどで介山荘へ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-20-07-21

img_5965

大菩薩峠到着!

抜けるような青空です。

この峠の東は小菅村と丹波山村。江戸時代はこの道が青梅街道でした。

中里介山の長編小説「大菩薩峠」でも有名ですね。(若い人は知らないでしょう)

img_0506

本はギネスに載るほどの長編小説なので、

先日、DVD3巻セットを買いました。

まさにこの世は生き地獄、

人間の「情」を生々しく描いた名作です。

昔の俳優さんは魂が乗り移って演じているね。

 

さて話を戻して、峠付近の写真をいくつかご覧ください。

素晴らしい眺めです!

img_6034 img_6033 img_6015 img_8551 img_5982 img_5978 img_5972 img_5979

雷岩

img_6024

賽の河原

img_5985

神部岩(神部神社のご神体らしい)

img_6021img_6019

そしてこの丘が「妙見の頭」

img_5984

img_8550

ここが頂上です。

すごいパワーを感じます。

 

ちょうど下の写真の真ん中あたりがロゴファーム。

真ん中上が塩の山。

この3っはバッチリ一直線上にあるのですね。

img_6033

ここが、大菩薩嶺(日本百名山)標高2057m

img_6030

そんなことで、ゆっくり歩いて駐車場から2時間くらいでした。

帰り道は、カラマツ尾根と言って、少し急な下り坂でしたが、

1時間ちょっとで駐車場につきました。

合計3時間30分くらいでした。

 

山登りがやみつきになりそう・・・。