雲峰荘の社長に呼ばれて「雲峰荘農園」へ行きました。

img_8483

白菜がたわわになっています。

img_8482

今87歳の社長は、70歳の時に1からこの農園をはじめました。

img_8481

背中に男の哀愁を感じさせる社長。

img_8479 img_8478

ナスもたわわになっています。

これらの野菜は雲峰荘でのお客さんの食卓をかざったり、

地元の温泉(大菩薩の湯)などで販売されています。

img_8477 img_8484

この桜の木は、社長農園を始めたときに植えたものだそうです。

ですから現在20歳くらいでしょうか。

春には綺麗な花を咲かせます

img_8480

いつもながら、ここにお邪魔すると、

時間というものを忘れてしましそうになります。

社長のお人柄がこの空間を作っているわけですね。